シルクは蚕(かいこ)の繭(まゆ)から繰り取った繊維です。蚕には屋内で飼う家蚕(かさん)通常の絹と外で飼う野蚕(やさん)があります。

野蚕にはナラやクヌギの葉を食べるシナタッサーやヒマの葉を食べるインドタッサーと呼ばれる柞蚕(さくさん)(インド・中国原産)と日本の信州に産する山繭(やままい)があります。

それから取れる糸はいずれも細くて強い美しい光沢があり、温かくしなやかで腰があるといった優れた特徴を持っています。

 織り傷、染めムラについては繊維質の異なる限られた長さの糸をつむぐ為に生じるもので不良品ではありません。シルクの特性をご理解頂き、ご愛用いただく為に次ぎのような事にご注意下さい。


①着用後の処理

 

厚手のハンガーに掛け、半日陰干しして下さい。

②雨に濡れた場合


乾いたタオルでよく拭き取り、厚手のハンガーに掛け陰干ししてください。

③汚れた場合


固く絞った蒸しタオルで、叩くように拭いて下さい。

④しわになった場合

布を当て100度以下の乾熱アイロンで素早く仕上げて下さい。



スチームアイロンは、湿気をおびますのでお避け下さい。