① 着用後の処理


毛皮を振ってほこりなどの汚れを落とします。 


襟や袖口の汚れ、食べ物の汚れジミなどは固く絞った蒸しタオルで拭き、乾いたら厚手のハンガーに掛け、ブラッシングの後、半日陰をしてください。

② 雪や雨などに濡れた場合


毛に付いた水分をよく振り落とし、乾いたタオルで丁寧に拭き、

形を整えて陰干しをしてください。

 

※ その祭、アイロンやドライヤーで急激に乾かすのは避けてください。

③ 汚れた場合

 

襟などの油性の汚れについては中性洗剤を少し含めた蒸しタオルを固く絞り拭き取ってください。後に真水に浸したタオルを固く絞り洗剤をよく拭き取ってください。

 

※ ベンジン・アルコールは厳禁です。

④ しわなった場合

 

裏地にしわがよった場合、低温にて当て布をしてアイロンがけしてください。

毛皮の折りじわは蒸しタオルを軽く絞り拭くようにして湿らせ、

                         乾いてからブラッシングして下さい。

        ※ スチームアイロンは厳禁です。

⑤ 毛擦れにご用心


金属ベルトなどすれやすいショルダーバックは毛すれの原因となります。

⑥ 火で一部を焼いてしまった場合・破れてしまった場合


毛皮はリフォームのできる素材です。症状にもよりますが、修理することによりまた

着用できることが多いので、お気軽にご相談下さい。